交通事故の違反と罰則について

自動車運転をしている人の中では不意の事故により、突然加害者になってしまうケースがあります。
たとえ日頃から運転に対して慎重な姿勢で行っていても、天候や条件によって避けられない場合もあるでしょう。
今回はそんな交通事故の違反と罰則についてご紹介いたします。
人身事故による交通事故を起こしてしまった場合、刑事処分と行政処分、そして民事処分の3つの責任を負う形となります。


刑事処分とは事故の内容により懲役刑や罰金などを課せられる処分となり、飲酒運転などをしていた場合には法律によって厳しく罰せられます。
たとえ過失だったとしても、被害者がなくなってしまった場合には懲役刑が免れないため、非常に重い処分が待っていると言えるでしょう。


行政処分とは交通違反による減点と免許所に関する取り扱い処分を示し、どちらが事故の原因となっているかによって取扱いが大きく変わります。
加害者が携帯のわき見などによって事故を引き起こした場合には免許停止や免許取り消しといった重い処罰が科せられます。
また被害者の怪我の具合によっては、加害者の主張があまり取り入れられない場合もあるため注意しましょう。


最後に民事処分についてです。
こちらは自動車保険などにより、加害者側へ損害保証等を行う手続きです。
車を大破させてしまった場合の購入資金や、通院時の費用、さらには慰謝料といった金額を計算する必要があります。
このように交通事故を起こすと様々な違反や罰則が待っているため、常日頃から安全運転を心がけ、事故防止に努めましょう。

Copyright © 2014 交通事故の違反と罰則 All Rights Reserved.